• AOC France

シャンパーニュと第二次世界大戦

Pendant la seconde guerre mondiale, contrairement à ce qui s’était passé en 14-18, la Champagne viticole se trouve à l’écart du champ de bataille. En juin 1940, les armées allemandes déferlent de l’Aisne à la Seine et franchissent la Marne sans rencontrer de résistance sérieuse. Les localités du vignoble sont épargnées et vignerons et négociants n’ont généralement à déplorer que peu de dégâts.


大きな被害を受けた第一次世界大戦とは異なり、第二次世界大戦ではシャンパーニュ地方は戦場から遠く離れていました。 1940年6月、ドイツ軍はAisne地方からSeine川に入り、深刻な抵抗に遭うこと無くMarne川まで到達、シャンパーニュ地方を手中に収めました。 ブドウ園は戦場となるのを免れ、ワイナリー自体はほとんど被害にあいませんでした。


Entre 1940 et 1944, la Champagne est occupée par l’Allemagne et si ses biens sont relativement sauvegardés, il reste très peu d’hommes pour entretenir les vignes. Comme en 14-18 on manque de certains produits et on récupère les bouteilles ayant déjà été utilisées. Et pourtant, 1945 a donné un beau millésime !


ドイツ軍によるフランス占領は1940年から1944年まで続きました。

シャンパーニュ地方はブドウ園などの被害は少ないながらも、シャンパーニュを造るための人は戦争にかり出され、ほとんどいませんでした。また、第一次世界大戦の時のようにシャンパーニュを造るための材料が枯渇し、使用済みのボトルも回収し再利用していました。 そんな状況においても、1945年は素晴らしいヴィンテージとなりました!


Avec les pays en guerre contre l’Axe, les ventes sont bien entendu impossibles. La production du champagne continue cependant, non seulement pour ce qu’il représente dans l’économie de la province, mais aussi parce que les Allemands en exigent la fourniture pour leurs armées et comme monnaie d’échange pour leur commerce avec les pays neutres. Les volumes expédiés à l’armée allemande devaient porter la mention "réservé à la Wehrmacht" indiquée en français et en allemand. Cela permettait aux Maisons de séparer les cuvées destinées à leur clientèle civile, de celles destinées aux troupes allemandes. Bien sûr, les meilleures allaient aux allemands !


今まで主要な販売国だったイギリスを始め、日独伊三国同盟の敵国には販売することができませんでした。しかしシャンパーニュの生産はそのまま続けられました。継続の理由はシャンパーニュ地方の経済のためではなく、ドイツ軍の為への供給をはじめ、中立国との貿易のための通貨としてシャンパーニュが使用されたのです。ドイツ軍に送られたボトルには、フランス語とドイツ語で「Wehrmacht(ドイツ国防軍)のための予約」マークがついていました。 その為シャンパーニュのメゾンは、フランス国民向けのキュヴェとドイツ軍向けのキュヴェを分ける必要がありました。 無論、最高のボトルはいつもドイツ軍の方に送られたのでした!



En 1943 la situation se dégrade car la Résistance s’anime en Champagne. Les Allemands, au fur et à mesure qu’ils en prennent conscience, durcissent leur attitude. L’armée allemande fait arrêter les vignerons et les dirigeants des maisons de champagne ayant participé à la résistance. Nombreux seront ceux envoyés dans des camps de concentration en Allemagne.


1943年になるとフランスのレジスタンス活動が活発になり状況は悪化しました。 その暴動を抑制するためにドイツの監視は厳しくなりました。レジスタンス活動に参加したブドウ農家やシャンパーニュメゾンは逮捕されました。 沢山の人がナチスの強制収容所に送られました。

Heureusement, Épernay est délivrée le 28 août 1944 et Reims le 30 août, les deux villes par l’armée américaine. Soulagement ! La Champagne retrouve a nouveau sa liberté et se prépare a fêter la victoire.


幸いなことに、シャンパーニュの中心都市、ÉpernayとReimsは1944年8月末に米軍によりドイツ占領下から解放されました。 やった! シャンパーニュ地方は自由を取り戻し、勝利の祝杯を、彼らは彼らの誇るシャンパーニュを再び造ることができるようになったのです。


Source: https://maisons-champagne.com/fr/